おすすめしたいコーヒーメーカーが超見つかる!人気ランキング2017~2018~動向やメーカー比較の人気の紹介

●このサイトは「キーワード検索」見たいページを探せます☆(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)

コーヒーメーカー・エスプレッソマシンの最新人気ランキングや種類・解説

最新のコーヒーメーカーの人気ランキング

なら今売れているコーヒメーカーが
一目瞭然でわかります!

コーヒーメーカー・エスプレッソマシン
の人気売れ筋情報なら、

まずはコーヒーメーカー・エスプレッソマシン関連の
売れ筋人気ランキングで人気を確認しましょう!

その前に、

このページではコーヒーメーカとエスプレッソ
マシーンの人気メーカーや、製品の違い、体験談からおすすめの製品など
詳しく解説しています。

購入の参考になる情報ですので、

ぜひ最後まで読んで見てください!

(最新のランキングの入り口は解説の後にあります。)



エスプレッソマシン・コーヒーメーカーの違いやコーヒーの種類

エスプレッソメーカーとコーヒーメーカー
の違い
としては、

簡単に言いますと、

作るコーヒーの種類が違う

ということです。

コーヒーメーカー、エスプレッソマシンの
老舗、

デロンギのマシンを例にとって解説します。

名前の通り、作れるコーヒーの種類が違うのですが、

コーヒーメーカで作るコーヒーは、
昔からある、家や喫茶店で作っていた、

紙フィルターやネルフィルター(布フィルター)
に挽いたコーヒー豆を入れて、

お湯を回しながら数回注いで作るコーヒ、

あれの機械版がコーヒーメーカーです。

人の手で作るドリップ式コーヒーを入れているところ

ドリップコーヒーメーカーともいいます。

それに対して、エスプレッソマシンは、
イタリアのエスプレッソコーヒーを作るマシン
のことで、

エスプレッソはイタリアで登場したコーヒーの
飲み方です。

(コーヒーの起源は中東)

エスプレッソマシンでは、ドリップコーヒーメーカーと
同じように「挽いたコーヒー豆」を使うのですが、

コーヒーの抽出方法が少し違います。

エスプレッソコーヒーを作るときは、
高温の熱湯を使い一気に数秒で抽出します。

ですので挽いた豆もドリップコーヒーよりもさらに
細かく引いてあって、早く抽出されやすいように
なっています。

業務用のエスプレッソマシン


味の違いもあって、コーヒーは時間をかけて抽出
するので苦味がしっかりでるコーヒーに、

エスプレッソはすっきりした味になるのが特徴です。


今ご紹介した方法で作られるコーヒは
どちらも「インスタント」と呼ばれるもの
とは違います。


ではここからさらに、コーヒーにまつわる
知って得するお話や、

人気のコーヒーメーカーなどを中心に
ご紹介を進めていきたいと思います!

先頭に戻る↑

コーヒーメーカー口コミ。デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカーCMB6で朝の美味しいコーヒ飲んでます

我が家のコーヒーメーカーは、
イタリア製の、

デロンギ ケーミックスブティック ドリップコーヒーメーカー CMB6

デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー CMB6 コーヒーメーカーの口コミ

を使っています。

購入したきっかけ


「朝コーヒーメーカーから漂うコーヒーの
香りに包まれて起きられたら最高」


という思いから、コーヒーメーカーは
憧れの存在でした。

ただ、子育てをしているとそんな時間もなく、
手軽に淹れられるインスタントコーヒーや、

少し贅沢してお手製のドリップコーヒーで
「憩いのひと時を」過ごしていました。

でも、友人の家で、コーヒーメーカーで
作った淹れたてのコーヒーを頂き、

「やっぱり違う!」

ことを実感すると、

コーヒー好きの夫とコーヒーメーカを
購入することを決めました。

購入した時の様子


2015年家電量販店で購入しました。
価格は1万円強でした。(値引きされてました!)

売られていたコーヒーメーカーの中で、
真ん中ぐらいの価格だったと思います。

コーヒーメーカーは日本製のものから
海外製のもの、ミル付き、カプセル
コーヒーを使用するものなど、

種類が山ほどあり、下調べは多少して
いったもののどれを選べばいいか?
分からず困りました。

最初は「全自動コーヒーマシン」に目を
奪われましたが、とにかく値段が高い。

初めてのコーヒーメーカーは使いやすく、
程ほどのお値段
のものにすることにしました。

気に入った理由


その中で「デロンギケーミックス CMB6」を選んだ
きっかけは、

  1. デザインが気に入った
  2. 価格がお手頃
  3. コンパクトなので収納しやすそう
  4. ペーパーレスフィルターなのでペーパーフィルターが必要ない

ペーパーレスフィルターなのでペーパーフィルターが必要ないデロンギケーミックス CMB6

という理由です。

ちなみに色はブラックを選びました。

実際に使ってみて


おいしいコーヒーが飲める

やはりインスタントコーヒーとは全然違う
おいしいコーヒーが家で飲めるのが
一番嬉しいです。

お店に行ってコーヒー豆を選ぶだけでも楽しいです。

デザインがお気に入り

置いてあるだけでもおしゃれ感があります。

コーヒーメーカーの色が8色もあるので、
部屋の雰囲気にあったものを選ぶことが
できます。 

収納しやすい

四角いデザインなので、他の家電と並べて
収納しても納まりがいいです。

ただ収納してしまうと、出してくるのが億劫に
なってしまい、コーヒーメーカーを使う機会が
減ってしまいます。

カウンターやキッチン周りで、すぐにコンセント
が差せる場所に置いておけるスペースを
作るのが今の目標です。

お手入れが楽チン

使用した後はフィルターにあるコーヒーの粉を
捨てて、フィルターホルダー、フィルター、ガラス
ジャグを洗い、給湯口のふたの裏を拭くだけです。

気に入らない点


ON/OFFスイッチの表示が分かりにくい^^

「ON/OFFスイッチ」の表示が「丸と棒マーク」
で表示されているだけです。

家で使っている家電製品でこれだけしか
表示されていないものは、まずありません。笑

OFFだと思って水を入れたらONで、ジュワーと
急に蒸気を出してしまうときがあります。

使用感の.まとめ


念願のコーヒーメーカーを購入してから、
約2年が経ちました。

初めてのコーヒーメーカーなので、他製品と
比べることはできませんが、とても満足しています。

冬は特に温かいコーヒーが飲みたくなるため、
家でおいしくできるコーヒーがすぐにできる
という点でとても重宝しています。

せっかく作るので多めに作っておき、温めた
保温用水筒に入れて持ち歩いています。

夏は濃い目に作って、アイスコーヒーを
楽しんでいます。

また、来客時にも役立っています。

ペーパーレスフィルターということで、
最初はペーパーフィルターを使って
いませんでしたが、

中挽きにしたものを使うとカップの底に
細かい粉が残ってしまうので、

(これでまた味が変わります。これが好きな
方もいますね。)

今はペーパーフィルターを使用しています。
(取扱説明書にもそのような注意書きがありました。)

コーヒーの淹れ方は
  • ①フィルターにコーヒーの粉を入れる

  • デロンギケーミックス CMB6に挽いたコーヒーを入れる

  • ②水を入れる

  • デロンギケーミックス CMB6に水を入れる

  • ③スイッチON

  • デロンギケーミックス CMB6のスイッチの入れ方

  • ④コーヒー抽出開始

  • デロンギケーミックス CMB6でコーヒー抽出

  • ⑤抽出終了後、電源を切る

  • デロンギケーミックス CMB6で作ったホッとコーヒとアイスコーヒー

これからもおいしいコーヒー豆を探しながら、
このコーヒーメーカーを活用していきたいです。^^

現在の販売状況


現在では、リニューアルされて

「デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアム」

として新型番で販売されている
ようです。

デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアム CMB5T-BK

デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアム CMB5T-BK

「プレミアム」というキーワードが
増えてますね^^型番には「T」が
ついています。

●デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアムシリーズ購入者レビュ
・以前はガラス製のジャグのものを使用していましたが、こちらのステンレス製の方が保温できてよいと思います。

・コーヒーが美味しい。

・リピです。かわいいデザインなので、また購入してしましました^^

・どんなインテリアにもなじむ素敵なデザインです

・リフォーム後のカウンターキッチンに置くのを想像するだけで癒されます。

・旧タイプ(CMB6)が気に入って長く使っていました。旧タイプと同じ通常ドリップのほかに、ゆっくりドリップ(アロマモード2種)ができ味わい深く淹れることができそうです。

・メッシュフィルターは豆を荒目で挽いても粉が残るので好き嫌いが分かれると思いますが、紙フィルターも使うことができるので、2つの種類が味わえるのはうれしいです

〇ちょっと残念

・水を入れるタンクの内側の目盛が見ずらい


新型の購入者レビューを読んでいると、

「インテリアデザイン重視」の方が
多いですね。

それもそのはず、

世界的にも権威のあるデザイン賞、

レッドドットデザイン賞やiFデザイン賞(2回)

を受賞したDaren Mullen氏のデザインと
いうのがミソです!

新機能

新しく、

ゆっくりドリップ(アロマモード2種)機能

が搭載されされているようです。

デロンギコーヒーメーカープレミアム アロマモード

通常抽出とは別に、2段階のアロマモードがハンドドリップのようにコーヒー粉を蒸らしながら抽出し、コーヒーの持つアロマを更に引き出します。またこのモードを利用することにより少量のコーヒーの抽出や、アイスコーヒー用の抽出も簡単にできます。

また、ポットが「ガラス」から2重構造の
「サーマルポット(スチール)」に変更
され、

デロンギコーヒーメーカープレミアム サマールポット

抽出したコーヒーが煮詰まるのを防いでいます。

これによって、淹れたてのおいしさを
長時間持続でき2度目のお替りや

朝食から昼食のランチタイムコーヒーも
美味しく頂けそうです。

ゴールドフィルター

デロンギコーヒーメーカープレミアム ゴールドフィルター

金(23.8K)で出来ているんです!


シャワードリップ

デロンギコーヒーメーカープレミアム シャワードリップ

シャワードリップでまんべんなくハンドドリップのように。

まんべんなくハンドドリップのように。

収納

デロンギコーヒーメーカープレミアム マグカップを収納

製品の上にちょこんとマグカップ2つが置けたり。。^^


価格


最安値で17000円(送料無料)前後で見つかります。




先頭に戻る↑

家で挽きたてコーヒーを作るとコストはどの位?シロカコーヒーメーカー

挽きたてのコーヒーをお家で気軽に
簡単に味わいたい!

当サイトにお越しいただいた方は
そんな思いで来られたのではないでしょうか?

まだ、コーヒーメーカーやエスプレッソマシン
を自宅におもちでない方は、一度は

家でマシンが作ってくれる出来たての
コーヒを飲んでみたい!と思われている
事でしょう!

朝食と1杯の焙煎コーヒーは食欲を引きたてる

でもちょっと気になることもありますね。

それは「1杯の作るコーヒーの出費」
ではないでしょうか?

そこでお家で焙煎したコーヒを飲むと
1杯どのくらいのコストがかかるのか?
を調べてみました。

「シロカ」

という電気製品メーカーがあります。

全自動コーヒーメーカー STC-501 ブラック シロカ
※人気コーヒーメーカー シロカ 全自動コーヒーメーカー STC-501

こちらの製品を販売されている、
「リコメン堂」さんが、家のコーヒーメーカー
で1杯のコーヒを作るコストの計算や比較を
載せてくれています。



この情報によると、全自動コーヒーメーカー
でコーヒー豆を挽いてつくると、

コーヒー豆にもよりますが、おおよそ
1杯約30円の計算になるそうです。

家でコーヒーメーカーを使ったとき1杯のコストは約30円

一般的にレギュラーのコーヒー豆を通販
などで買うと、

100グラム当たり250円くらいのコーヒー豆で
十分美味しいコーヒー豆が買えます。

1杯当たりの挽いたコーヒ豆の使用する
量はおおよそ12グラムです。

コンビニで買うと100円~、セルフコーヒー店
で200円~、

コーヒー専門店や喫茶店、カフェなら
500円前後は支払がかかりますね。

そう思うと、1杯30円程度ならコーヒーメーカー
マシンを手に入れるためにお金をかけても、

コンビニで毎日1杯のコーヒを飲むより
70円浮いてきますから、

1年足らずで十分元がとれそうです!(*^.^*)

家で飲む焙煎コーヒーなら、コーヒー豆も
買うたびに、

ブルーマウンテンやキリマンジャロなど
好みのものに変えてみたりもできます。

毎日コスパのいい美味しいコーヒーが飲める!

これは・・「買ってよかった」となりそうですね!

実は健康や病気予防に関してもコーヒーは
かなり気になる発表
がなされています。

こちらも読んでみてくださいね。



先頭に戻る↑

コーヒー豆の人気がわかる!売れ筋最新ランキング情報

美味しいコーヒーを頂くには、
コーヒー豆も重要です。

通販ではある程度厳選されたコーヒー豆
が販売されているので、

「美味しくない」というものはほとんど
ないかと思いますが、

たんだん「コーヒー通」になってくると、
味にもこだわりがでてくるはずです!

そこで参考にしたいのが、

今売れているコーヒー豆のランキング情報

です。

ブルーマウンテンやコロンビア、キリマンジャロ
など、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか?

はたまた
最上級の世界規格Qグレード「グァテマラ」珈琲豆
なんかも欲しくなるかも知れませんよ!



セール品も見つかりやすいです!
ぜひ利用してみてください!


先頭に戻る↑

ボダムのコーヒープレスで作るコーヒーのお味は?体験談

コーヒーをお家で作る方法として、
このページで紹介している、

コーヒーメーカで淹れる方法

ともうひとつ、

コーヒープレスで淹れる方法

コーヒープレスでコーヒーを淹れるとどんな味?

があります。

コーヒープレスで淹れるコーヒの味は
また一味違いますよ。

ぜひ体験談を参考にしてみて
ください!


先頭に戻る↑


お家で挽きたての豆を作れる!ボダムのコーヒーグラインダー


コーヒーメーカーで出来たてのコーヒーを
作るとき、コーヒ豆はどのようにするのか?

これには、

  • 挽いたコーヒー豆を市販で買う
  • そのままのコーヒー豆を買ってきて家で挽く

大きくはこの2つの方法があります。

一般的に言われているのは、

挽きたてのコーヒ豆でコーヒを作ると香りや味が良い

と言われています。

挽きたてのコーヒー豆で美味しい
コーヒを飲みたいなら、

「コーヒーグラインダー」という機械で
簡単にお家で豆を挽くことが
できますよ!


コーヒーの飲み方にもいろいろな
方法がありますね^^

先頭に戻る↑

ネスカフェ「ドルチェグスト」「バリスタ」は人気継続中!

現在、コーヒーメーカーの人気ランキングで
最も人気のあるメーカーと言えば、

ネスレ

が圧倒的に人気でしています!

もうみなさんも良くご存じかと思いますが、

これが「ネスカフェドルチェグスト」です。

ネスカフェドルチェグストのコーヒー抽出メーカー

この可愛らしい形のコーヒーメーカーは、
テレビや電化製品店でよく見かけられて
いるのではないでしょうか?

ネスレにはもう一つ人気のコーヒーメーカーが
あります。

それが、バリスタというブランドです。


ネスカフェ バリスタゴールドブレンド

正式には、
「ネスカフェ バリスタ ゴールドブレンド」
と呼ばれています。


こちらも、楽天市場やヤフーショッピング、
価格コムなどの売れ筋通販ランキングでは
上位に登場する機種です。

ただし、この人気機種2つには大きな違いが
あります。

それは、ネスカフェ バリスタ ゴールドブレンド
の方は「インスタントコーヒー用」ということです。

ネスカフェが販売するインスタントコーヒー
ゴールドブレンドを物凄く美味しく作れる
マシンということです。

逆に、

「ネスカフェドルチェグスト」の方は、コーヒー豆から
抽出するいわるゆ、従来のコーヒーメーカー
です。



最安値なら、昔と比べるとかなり
利口なお値段になっていますので
ぜひ選択肢の一つとしてチェックして
みてください!(・∀・)


先頭に戻る↑

コーヒーメーカーの老舗「デロンギ」も健在!

「デロンギ」はイタリアが本社である
電気製品メーカーです。

デロンギの製品は世界的に愛用されて
います。

キッチン家電ではフードプロセッサーや
電気ケルトなどがあります。

日本では圧倒的にドリップコーヒメーカー
エスプレッソマシンが有名です。

他にはヒーター関連が人気ですね。

デロンギのコーヒーメーカにはたくさんの
種類の型番があります。

デロンギ ドリップコーヒーメーカーシリーズ CMB


カラーバリエーションが多く、イタリアらしい
デザインのセンスが光っています!


デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアムCMB5T-BK

上の画像は、

「デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアム
CMB5T-BK 」


です。

質感のあるアルミやステンレスがボディに
採用され、耐久性とメタルならではの
重量感も持ち合わせています。

飽きが来ず長く愛せる製品。

朝の目覚め、自分のお気に入りの
部屋で、美味しいコーヒーと出会うなら、

こんなコーヒーメーカーが合うかもしれません。




先頭に戻る↑

エスプレッソマシンに厳選した最新人気ランキングを見てみよう!

コーヒーメーカーの最新人気ランキングのご紹介

こちらからコーヒーメーカーの最新人気ランキングをご覧いただけます。↓




新しい人気製品やセール、各店舗特価プライス
コーヒーメーカーなどは、売れ筋ランキングに
登場してきますので、ぜひチェックしてみてください。


●編集後記

最近の発表で、

緑茶を習慣的に摂取する群において、
男女の全死亡リスクが低い

という発表が国立がん研究センターからありました。

それと同時に、

コーヒーを摂取する群において、全死亡リスク
及び心疾患、脳血管疾患及び呼吸器疾患
による死亡リスクが減少

という発表がされています。

昔からコーヒーは「癌といい関係」とも言われて
います。(協会けんぽなど発表)

コーヒーの成分には、緑茶と同じように
抗酸化作用を持つカフェインがあることは
確認されています。

その他クロロゲン酸、発がん物質に対抗する
作用を持つヘテロサイクリックアミンなどの
成分も含んでいます。

ですので、コーヒーを定期的に飲んでいる人が
癌が少ないのは理に叶っているともいえるのですが、

癌に対してのはっきりした効果というのは
まだわかっていないようです。

これらの「コーヒー」とは豆をドリップして
のむコーヒーとなります。

先頭に戻る↑


後から確認!!ブックマークを忘れずに!
   このエントリーをはてなブックマークに追加 

コーヒーメーカーランキング2018~2019~おすすめや人気メーカー、口コミ他関連ページ

エスプレッソマシンランキング2018~2019~家庭用おすすめメーカーや使い方
こだわりのコーヒーをエスプレッソマシンで。最新の売れ筋ランキングの流れや種類、人気通販機種の価格・機能・最安値などについて取材をしています。全自動タイプ、デロンギなど。
コーヒープレスbodum(ボダム)で深みのあるコーヒーの味を楽しんでいます!
エスプレッソマシン・コーヒーメーカーではなく、あえて「コーヒープレス」で美味しいコーヒを飲んでいる理由や、コーヒープレスの使い方、豆の挽き方、お手入れなどの体験談のご紹介です。
bodum(ボダム)のコーヒーグラインダーで挽いた豆で美味しいコーヒ飲んでます!
コーヒーグラインダーは「ミル」と同じ、コーヒー豆を挽く機械です。人気メーカーbodum(ボダム)電動コーヒーグラインダー体験談や口コミ、選び方などをご紹介します。