おすすめのアルミホイール・タイヤホールセットなどランキング2018~2019~から人気メーカーの特徴などを解説

カー用品のタイヤ・ホイールの人気ランキングや解説



 


アルミホイール・タイヤホイールランキング

を見れば、今売れている製品がすぐに
見つかります!

このページではランキング情報の他に、

●アルミホイール
  • メリットとデメリット
  • 選び方
  • 人気・おすすめメーカー

●タイヤホール
  • スタッドレスセットおすすめメーカー
  • サマータイヤセットおすすめメーカー

などについても解説していますので、

ぜひ最後まで読んで見てください!

(タイヤ・ホイールランキングの入り口は
ページの最後にあります。)



なぜアルミホイールが人気なの?その理由やメリットとデメリット

タイヤホイールを純正から「アルミホイール」に
履き替える方は割と多くおられます。

では、その理由はなぜでしょうか?

車のホイールは、一般的に

スチールホイールとアルミホイール

の2種類です。

まずはこの2つの違い
アルミホイールのメリットから考えてみましょう。

アルミホイールのメリット


デザイン

アルミホイールのメリットとしては、

デザイン性

です。

形状、色等が幅広く選べるということです。

アルミホイールはスチールホイールよりもデザイン性が優れている

スチールホイールは、メーカーの純正が
多いので、どうしても形状や色が限られます。

アルミホイールには多数の製造メーカー
やデザイン・設計があります。

ですので、車の足元をドレスアップするのには、
最適なアイテムとなります。

耐食性に優れている

アルミは鉄と違い、錆の発生による
腐食が少ないです。

見た目は「つやけし」っぽい発色をしています。

軽量性に優れている

アルミは鉄より軽い素材です。ですので、
アルミホイールに変えると軽量化も可能
な場合があります。

しかし、あくまでも「可能な場合がある」
ということです。

この理由については、このあとのデメリット
で詳しく解説します。

メリットのまとめ


アルミホイールにするメリット

  1. ご自身の車の足元のドレスアップ効果
  2. バネ下重量の低減

何より好きなデザイン、色等のアルミを装着
した時や、外観を見たときのご自身の車への
愛着も変わるところでないかと感じます。

アルミホイールのデメリット


価格が高い

アルミ素材はスチールホイールより
割高になります。

1本分なら

  • スチール・・・5千円前後
  • アルミ・・・1万円前後~上は5,6万円のものも

強度が低い

アルミは「軽量」がメリットですが、
鉄より「強度」が低いものです。

その分「厚み」を増やして強度を上げています。

そのため、製品によってはスチールより
重くなる場合があります。

では、アルミホイールもスチールホイールも
結局は同じくらいの重量になるのか?

というのは、次の「選び方」のところで
もう少し詳しくお話しします。

先頭に戻る↑

アルミホイールの選び方

車種・塗装色によって、

似合うアルミホイールの形状・色

があります。

形状


形状でいうと、大きくは4つあります。

  • スポーク
  • アルミホイールの形状「スポーク」
    5本スポーク、6本スポークがあります。

  • フィン
  • アルミホイールの形状「スポーク」
    スポークを細くして本数を多くしたタイプです。

  • メッシュ
  • アルミホイールの形状「メッシュ」
    スポークを網目のように作っています。高級ホイールに多いデザインです。

  • ディッシュ
  • アルミホイールの形状「ディッシュ」
    ディスクをお皿のように、 「平面」にデザインしたものです。

これらのような、オーソリティな形状
が有ります。

見た目の「好き嫌い」もありますが、

ご自身のお車に、どのタイプが似合うのか?

を知ることも大事です。

カラー


色に関しては、

  • シルバー系
  • ゴールド系
  • 黒系
  • メッキ(一部黒)

等、さまざまな色があります。


重量について


車は、足回りの部分が「軽い」ほうが
良いとされています。

特にバネ下重量

アルミは、素材としては軽量なのですが、
強度が鉄より低い分厚みが出てしまいます。

ですから、アルミホイールでもスチールより
重たくなってしまう事も有ります。

(特にインチアップは注意)。

ディーラーオプションのアルミホイールでも、
スチールより重たいものが有ります。

軽量アルミホイールは、少し高価ですが、
確実に軽く強度もあります。


先頭に戻る↑

アルミホイール「サイズの見かた」

ここでアルミホイールのサイズの
基本的な見方を紹介します。

例)15×6.1/2 J 5 114.3 +50

というホイールが有るとします。

これは、

15インチ×リム幅(基本、タイヤサイズだと195MM)、「J」はフランジ幅 5穴 ピッチ インセット50

という意味です。

クリックで拡大↓

ホイールの名称とサイズの読み方


ご自身の車の純正のサイズを見て、
一度見比べてください。

アルミホイールの購入の際は、ご自身の
「純正サイズ」を理解したうえで、

どうカスタマイズしたいのか?ということに成ります。

例えば、純正がずいぶんフェンダーの内側に
ホイールが入っていて見栄えが良くないとします。

この場合は、インセット+50を+45、+40とすることで、
ホイールが外側に5MM、10MMと出て行きます。

先頭に戻る↑

アルミホイール人気・おすすめメーカー

私がおススメするホイールメーカーを
2社ご紹介したいと思います。

WORK(ワーク)


まず最初のメーカーが、

WORK(ワーク)

です。

昭和52年からホイール一筋で頑張って
いるメーカーです。


国内製造で1ピースから2.3ピースまで、高い
技術を有しております。

商品のラインナップも豊富で、ホームページ
からも色々なホイールを調べられます。

WORKの理念にも有るのですが、一人一人
のお車にベストな選択が出来るよう、

ホイールのカスタマイズ生産をも
行ってもくれます。

長年のノウハウを余すところなく、新しい
素材や技術に盛り込んでいるメーカー
でもあります。

生産工場の紹介もホームペーでされており、
こういう点もホイール一筋に誠実に会社
運営していることも伺えます。

そしてそんな高級ホイールの中では、
値段は高くないと私は思います。

国内製造・顧客ニーズにこたえる姿勢と
技術・意外と高くないということで、
一番のオススメは、WORKでしょう!!!

今回私の同級生であり、車の修理、
車検、カスタムを行っている知り合いに
了解を戴いて、

WORK(フルオーダー)ホイール装着

の2台の写真を了承いただきました。

クリックで拡大↓

WORK(フルオーダー)ホイール装着ミニクーパーとトヨタ86

これは、彼の会社で全てをカスタムした
品評会用デモカーです。

クリックで拡大↓

トヨタ86 黒 WORKアルミホイールのカスタム

クリックで拡大↓

ミニクーパー 黒 WORKアルミホイールのカスタム


彼曰く、「他のメーカーでこういう風に作っても
金額は2倍は掛かるし、製作自体もして
もらえないことがある」とのことです。

製品精度も非常に良いと仰っていたので、
WORKのホイールは、昔から定評ありましたが、

今も昔も非常に良い製品と感じます。

クリックで拡大↓

WORKアルミホイール別注


WORKアルミホイールゴールド

KYOHO(キョーホー)


2番目にオススメするのは、

KYOHO(キョーホー)

というホイールメーカーです。


とにかくホイールを安くドレスアップしたい
という方には、大変オススメです。

ここのメーカーは、多数の車種に合うように
色々なホイールをラインナップしています。


特にオリジナルホイールは、安価ですので
最初にお車を買われてホイール購入したい方、

お金をあまりかけずにドレスアップしたい
方にはおススメです。

但し、海外生産のものとなりますし、
安価というのも有りますので、重量は
そんなに軽くは無いです。

インチアップをしたら純正スチールホイール
よりも重たくなるでしょう。

しかしながら、いきなり高価なホイールを
購入していくことに不安もあるでしょうし、

アルミホイールは、縁石等に擦っただけで
傷ついてしまいます。

ですから、お車購入初めての方や初心者
の方には、ホイールへの入り口として

ここのオリジナル商品というのも
良いのではないでしょうか?

安く、自分に合うホイールが見つかりやすい
という観点で、オススメ2位のメーカーにしました。

1位、2位の参考価格ですが、同じような
スポークデザインの1番安いもので、

実売参考価格は、17インチで

  • WORKは10万円位/4本。
  • KYOHOは4万円位/4本。

また、ホイールだけでなくタイヤの交換も
一緒にしてしまうことも良いことと考えます。

タイヤとセット購入したりして安く購入できる
こともオススメポイントです。




先頭に戻る↑

スタッドレスタイヤのおすすめや価格。あの「マルゼン」も!

タイーヤマルゼン、タイヤマルゼン(^^♪

のコマーシャルでもおなじみの
「マルゼン」さんでランキング
上位になっている激安スタッドレスタイヤがあります!


カー用品専門店 マルゼンのスタッドレスタイヤ ホールセット 31000円~

ホイールとのセットもあります。

155/65 R14の場合


価格は

タイヤ+選べるホイール(4種類)4本セット(1台分)
税込31,000円~となっています。

ちなみにこの価格は、「155/65 R14」サイズです。
(参考対応車種NBOX、ワゴンR、タント、ムーブ他 )

※最新の価格情報は公式ページで
確認してください。↓




165・175・185・195・205・215/45・50・55・60・65・70 R14・15・16・17・18など他のタイヤサイズ


上記のタイヤサイズももちろんあります。

マルゼンさんなら
車種別とタイヤ別の両方で一致したスタッドレス
タイヤが簡単に探せます!




マルゼンさんのおすすめの理由!として

・価格が安い
・国産タイヤ(グッドイヤー アイスナビ ゼイツ-の最新年度版)
・窒素ガス充填済み、バランス調整済み だから到着後自分で装着可能!

です!!

ホイールとセットで注文なら、タイヤ組み換え工賃
や作業が必要ないので、手間が省けるのが利点。

車によってタイヤサイズが違うので、
あなたのお車のサイズにあったものを探しましょう!


万が一タイヤサイズを間違って注文しても、マルゼンさんは
注文後の連絡メールで、サイズに間違いがないですか?と
再度確認してくれますので、とても良心的です!


一般的に「注意点」として、

ホイール用ナットが付いていないので別売りで!

ということ。

一般的に
純正外のタイヤホイールの場合、車メーカー品とナットの形状が
異なるので、純正ナットの使用がほとんどできません。

ですから、ホイールナットがちゃんとサイトに別売りで
わかりやすいように用意されています。

忘れずに適切なナットを一緒に注文しましょう。



先頭に戻る↑

「サマータイヤ定番メーカー」タイヤ・ホイールの価格。低燃費タイヤが高い人気

長年人気を保っているタイヤ・ホイール
をご紹介します。

「ネクストリー」ブリヂストン 低燃費スタンダードタイヤ



「ネクストリー」ブリヂストンのタイヤ


タイヤ・ホイールの人気ランキングでは
常に上位に登場しています。

ネクストリーはブリヂストンの低燃費スタンダードタイヤです.

転がり抵抗を低減させて,
燃料の低燃費化を図ることに成功しています。


例えば同じブリヂストンの「スネーカー」と言うブランドの
タイヤと比べて約2割の転がり抵抗を抑えています。


「ネクストリー」は同じブリヂストンの「スネーカー」と比べて20パーセントの転がり抵抗を低減

またセダンから軽・コンパクトカーまで豊富なサイズの
ラインアップがあり、幅広い車種に対応しているところも
ネクストリーが人気になっている理由です。

ネクストリーのタイヤサイズです。

インチについては以下のサイズがあります。

  • 18inch
  • 17inch
  • 16inch
  • 15inch
  • 14inch
  • 13inch

ネクストリーのタイヤサイズと型番一覧(公式ページ)

リムガード付きの型番もあります。

リムガードとは、タイヤのホイール(リム)を
歩道縁石などの接触による傷から守るため、

タイヤ自体がホイールより横に出っ張った構造を持つ、
タイヤのことです。

※このような構造。クリックで拡大↓

タイヤのリムガードの構造

これにより、タイヤの横からの障害物の接触時に
ホイールに当たる前に、タイヤが当たって
ホイールリムを傷から守るというものです。
(深く行き過ぎるとダメですが)

この構造は
運転初心者にはとてもありがたいですし、
中級者、上級者でも意外とついうっかり
ホイールをこすってしまう事はあるので、

カードライバー全体に人気のあるタイヤの構造です。

ブリヂストンにはこの「リムガード」がついた
タイヤが多くあります。

さらに
「ネクストリー」ブリヂストン 低燃費スタンダードタイヤ
について、価格比較サイトはこちらです。↓



 


「エナセーブ」 ダンロップ低燃費スタンダードタイヤ



「エナセーブ」ダンロップのタイヤ

ダンロップの低燃費タイヤです。

最新型のエナセーブEC203
登場しました。

転がり抵抗を従来のエナセーブより12%
軽減している新しいタイプが登場しました。

均一なたわみで無駄なエネルギー消費を抑制する
「真円プロファイル」や、

サイドウォール部の発熱を抑制させる、「末端変性ポリマー」
などの技術が搭載された低燃費タイヤです。

耐摩耗性能も向上しています。

素人ではかなり難しい技術で解説ができないですが、
詳しくご覧になりたい方はエナセーブ公式サイトをご覧ください。


サイズのバリエーションもたくさんあります。

リムガード付きのタイヤも揃っています。

エナセーブのタイヤサイズと型番一覧(公式ページ)

さらに現在の価格や、激安、セール情報などもご確認ください。↓



先頭に戻る↑

タイヤ・ホイールの人気ランキング最新情報の入り口

タイヤ・ホイールの購入や買い替えを考えている
方は、タイヤ・ホイールやセット販売人気ランキング
売れ筋を確認してみましょう!

こちらから最新のタイヤ・ホイール人気ランキングをご覧いただけます。↓





タイヤ・ホイール人気ランキングは常に変動があります。

新タイプのタイヤなどが年間に何回か出ますので
それにより古くなった型番やブランドのタイヤは
激安、セールになる可能性があるので、狙い目です。

冬場以外のサマータイプ、オールラウンド用の
タイヤ・ホイールランキング
と、

スタッドレス専用の人気ランキング
と分かれていますので、

条件にあったタイヤの人気ランキングをご覧ください。

タイヤ・ホイール選ぶポイント

として
  • あなたの持ちの車の車種(軽自動車やミニバンなど)
  • タイヤのサイズをしっかり確認(建ぺい率や幅など)

をしっかりと確認して、間違いでないタイヤを購入しましょう。
このランキング情報ページをお気に入り追加しておくことをおすすめします。

先頭に戻る↑


後から確認!!ブックマークを忘れずに!
   このエントリーをはてなブックマークに追加